iPadのエディタアプリ「Textastic」が(・∀・)イイ!!

このエントリを最後に更新してから1430日が経過しており、すでに内容が現状とそぐわなくなっている場合が考えられます。エントリの内容を参考にされる場合には、あわせて最新の情報をご確認されることを推奨いたします。

せっかくiPad持っているんだから、外出先でちょこっとプログラミング出来るようなエディタアプリないかなー?と探していて見つけたのが、この「Textastic」。早速落として使ってみたら、これ、本気で便利すぎます。

キーボード操作が便利

textastic00

プログラムを書く時に良く使う記号のたぐいが登録された拡張ソフトキーボードを表示できます。もう$の入力のためだけにソフトキーボードの切り替えをする必要はありません。これだけで100倍(当社比)効率アップです。

さらに便利な仮想カーソル

textastic01

そして、拡張キーボードよりさらに便利なのが2本指タッチで現れる仮想カーソル!

iPad三大メンドクサイの1つに数えられる「テキストの真ん中にカーソルを動かす」が、この仮想カーソルであっさりと解決です。さらにこの仮想カーソルの真ん中の2つのボタンと左右カーソルで選択領域の範囲指定も簡単に出来ます。

DropBoxにつなげて超便利

textastic02

DropBoxに繋がるのでファイルのやり取りも楽チンです。Textasticはディレクトリ管理が可能なのでDropBoxと同じディレクトリ構成にして丸ごと落としてくる。なんてことも出来ます。てかしてます。

さらにSFTPだって出来る

textastic03

DropBoxに接続できるだけで十分便利なのですが、なんとSFTPやFTPWebDAVへの接続も可能です。

実際このブログの自作プラグインがバグっていた時に、Textasticで修正してTextasticでレンタルサーバにSFTPでアップロードして修正。ということをやりました。

まだまだ便利なところがあります

textastic04

まとめて紹介します。

80を超える言語のシンタックスハイライトをしてくれます。とりあえず普通に使う分に困ることは無いでしょう。僕なんてphpとjsとhtmlとcssとcppとhがあれば十分です。

密かにビューワー機能も便利です。htmlではcssや画像が別ディレクトリにあってもちゃんとディレクトリ構造を解釈してプレビューしてくれます(jsも動いてます!)。もちろん画像ファイルなどは余裕でプレビュー可能。

Open Inに対応しているので、例えばGoodReaderからTextasticを開いたり出来ます。

10秒ごとの自動保存で万が一のクラッシュでも被害は最小限にとどまります。最近のiOSは突然死することも少なくなりましたが、それでも保護してもらえるならそれに越したことはありませんね。

テキストの検索と置換が可能。undo可能。文字エンコードや改行コードも複数対応。ファイルを開くときに長押しで文字エンコード指定で開くことも可能。フォント変更可能。フォントサイズ変更可能。使っていないけどTextExpander対応。

…きっとまだあると思うけど「今日はこのぐらいで勘弁しといたるわ」byめだか師匠

一ヶ月使い続けての感想

超便利

ここ最近は、家のPCで途中まで作業していたファイルを、外出先でDropBoxから落としてきて編集してDropBoxに書き戻し。帰宅したらPCでsyncして最後の仕上げ。みたいなサイクルが回っています。かくいうこの文章の草稿も半分以上をTextasticで入力しました。

ということで、ちょっとお高いアプリですがそれ以上の価値があります。iPadを持っていてWebやっている人は、

女房を質に入れてでも買うべし

今後に期待したいところ

こうなったらさらに便利になるのになー。というところです。

  • 検索と置換に正規表現とエスケープシーケンスを使いたい
  • 拡張キーボードのボタン類をカスタマイズしたい
  • 日本語表示が無理矢理なのでもう少し綺麗になると嬉しい
  • ターミナルエミュレータとして動いてくれるといいなぁ
  • Textastic Code Editor for iPad
  • 対象機種:iPadWifi, iPadMini, iPadThirdGen, iPad23G, iPad3G, iPadMini4G, iPadFourthGen, iPadThirdGen4G, iPadFourthGen4G, iPad2Wifi
  • カテゴリ:仕事効率化, ビジネス
  • 価格:900円 (2013年11月22日時点)
    ※現在の価格は変更されている場合があります