数学ガールの秘密ノート/式とグラフを読んだ

本書の最初に書いてある通りこの本は数学トーク。物語を期待するとちょっと拍子抜けするかな。

ネタバレ警告:以下の文章には作品の内容について触れている箇所があります。まだ該当作品をご覧になっていないかたはご注意ください。

新たな数学ガールとして中学2年生の女の子「ユーリ」が登場。と言ってもこれは僕の読書順のためで、初登場自体は「数学ガール/フェルマーの最終定理」みたいね。
最初の数学ガールではテトラちゃんが読者代表として読者の気持ちを代弁する機能を請け負っていたけれど、一般読者からするとテトラちゃんでもレベルが高すぎるので、もうすこし降りてきたキャラとしてデザインされた感じ。シリーズ全体の特徴であろう「数学ガール」の性質として「僕」に対する好意を持っているので、機能的にまんまテトラちゃんの上位互換になっている。

役割をユーリに奪われたせいもあってか、テトラちゃんの記号化が激しい。関数テトラに対して「凄いよテトラちゃん」という入力を与えると「そ、そんなことないですよ」という応答が得られて、再度「凄いよテトラちゃん」と入力すると、「そ、そうですか。ありがとうございます」と応答するステートマシンに成り下がってしまった。彼女の魅力が著しく減じられたように感じる。残念だにゃあ。

内容的には、算数が好きだった中学生が夏休みの課題図書にするのに最適。「式」と「グラフ」や「式」と「図形(面積)」といった、違った島の間に、とっても渡りやすい橋を架ける(数学ガール的には国から国に渡る)ことで数学の楽しさが分かってもらえるんじゃないかな。
研究課題を「自由研究」としてもいいと思う。

どうでもいい感想とか

  • この読後感どこかで覚えがあるな。と考えたら「進研ゼミの漫画」に似てるんだ。
  • ユーリが「論理的な思考が好き」という感じがしないな。どっちかというと「合理的な思考が好き」に思える。