ガンツを観てきた

観に行ったのは先月なのでいまさら感想も何もない気がしますが、実は原作を読んだことが無かったので映画を見た後に原作を読んでいたらこんなに時間がたってしまいました。

ネタバレ警告:以下の文章には作品の内容について触れている箇所があります。まだ該当作品をご覧になっていないかたはご注意ください。

先ずは客層。うーん、明らかに二宮和也(玄野)や松山ケンイチ(加藤)目当てな女性が多いみたい。前の席の女性3人組などは「私もう3回目」みたいなことを言ってました。すげー。別の意味ですげー。まぁ、でも俺も嵐の中では二宮さんが一番好きですけどね。

それはさておき映画の感想。開始後早速ナイスバディ夏菜の裸転送シーンで俺のハートをがっちりキャッチ!。さらにピッチピチのガンツスーツを着た姿もスタイル良すぎてサイコー!!俺この辺ですでに涙目。しかししかし、だがしかし!本当のベストシーンは、玄野の家のシーン!!これは良かった。この時点でこの映画を観て失敗。ということはなくなりました。

というピンポイントな感想を置いておいて、最初の対ねぎ星人。ここはグロいです。マンガを読んでからの感想としても、こっちのほうがグロく感じました。一番大きい理由は聴覚だと思います。子供ねぎ星人の声や、体が飛び散る時の音がグロさを際立たせているんじゃないかな(というか、マンガのほうはそんなにグロく感じなかった)

その後に続いた田中星人やおこりんぼう星人はグロさのない、TV放送を視野に入れた絵作りに見えました。後編公開にあわせてTVで前編放送するとは(期間的にみて)思わないけど(と思っていたらやりやがった)TVで流れる時はねぎ星人はごそっとカットされそう(と思っていたらカットされなかった)。

映画→原作の順に観た僕としては、原作をそれなりにうまく料理しているように思えた。

CGもそれなり頑張っていたし、小道具のディテールも良かったし、そのへんとねぎ星人を原作ファン向けに。二宮のムダにどアップから始まるカットを二宮ファン向けに。玄野の家での夏菜のシーンを俺向けに。各パーツバランスよく配置された、よくまとまった映画だと思いました。とりあえず後編も見に行くよ!(と思っていたら見に行けなかった)

後は細かい感想。

GANTZに集められる部屋から見える東京タワー。やっぱり東京タワーは絵になるね。スカイツリーではこうはいくまい。

松山ケンイチの演技の中途半端な上手さが鼻に付く。二宮みたいに「思ったより上手い(つまり下手)」とか、出演してはいないけど、藤原竜也みたいに「下手だけどスッゲー上手い!」みたいなのが欲しい。頑張れケンイチ!

あとスタッフロールの松山ケンイチスタイリストという肩書にワロタ